2016/09/05 ( Mon )

もうメイク崩れに悩まない♡顔の皮脂を抑える方法

sayaka

カテゴリー:スキンケア

LINEで送る
Pocket

女性の画像

もうメイク崩れに悩みたくない!顔の皮脂を抑える方法をしっかり把握して、夜まできれいなお肌をキープしましょう♡
メイク崩れの大きな原因は乾燥、汗、そして皮脂。その中でも、皮脂によるメイク崩れに悩む女性は多いのではないでしょうか?皮脂は季節を問わず1年中メイク崩れを招く大きな原因です。自覚がなくても、鏡を見たらいつの間にか顔から皮脂が出ていて鼻やおでこのメイクがひどいことに!いくら皮脂を取っても、上からファンデーションを重ねるとどんどん汚くなってしまいますよね。帰ってベースメイクからやり直したい!と落ち込んだり、この皮脂さえなんとかなればメイクが長持ちするのにと皮脂を恨めしく思ったり…。女性の悩みの種の一つでもあるやっかいな皮脂。早く何とかしたいですよね。でも、皮脂を抑えるために闇雲にスキンケアを行ってはいませんか?間違ったスキンケアが顔の皮脂を多くしているかもしれません!
そもそも皮脂って何なのでしょうか?どうして出てくるのでしょうか?
顔の皮脂でお悩みの女性のために、皮脂の必要性や必要以上に皮脂が出る原因、皮脂を抑えるための洗顔やクレンジング方法をまとめてみましたのでぜひご活用ください♡

皮脂って何?

女性の画像

皮脂ってすごくテカテカして見た目の清潔感が損なわれて、本当に厄介ですよね。でも、皮脂はわたしたちの肌にとってすごーく大切な役割を果たしているんですよ。
そもそも皮脂とは、皮膚や頭皮から分泌され、その主成分はトリグリセリドと呼ばれる中性脂肪なんです。皮脂は、肌をほこりや紫外線などの外的刺激から守ったり乾燥を防いだりする働きをしています。また、皮脂があることにより、肌が弱酸性となって雑菌の繁殖を抑えてくれるんです。
ただ、そんな皮脂も過剰に分泌されると、臭いや肌トラブルの原因になってしまいます。体の不調や肌に問題があると皮脂の分泌機能が乱れて、皮脂が過剰に分泌され、結果ニキビなどを引き起こしてしまうんです。皮脂は、人の健康にとってすごく大切なものですが、過剰分泌されないように上手に対策することが必要なんです。
顔のテカリに繋がるイヤな皮脂ですが、実は肌を守るために欠かせないもの。現在顔の皮脂が多いのは、皮脂の分泌が何らかの原因で過剰になっているからなのです。皮脂を増やす根本的な原因を見直して、これ以上皮脂が分泌されすぎないようにしていきましょう。

なぜTゾーンには皮脂が多いの?

皮脂の画像

顔の皮脂の中でも一番気になるのが、Tゾーン部分ですよね。ファンデーションをたくさん塗ったのに、夕方には鼻周りがテカテカしてしまったなんてことありませんか?そのTゾーンの皮脂の悩み、実は皮脂腺が大きく関係しているんです!
もうお話したように、皮脂は肌を保護する働きをしています。その皮脂を作り出しているのが皮脂腺なんです。皮脂腺は毛穴の奥に潜んでいて、毛穴から皮膚表面に皮脂を分泌させています。そんな皮脂腺は体にたくさんありますが、特に上半身に集中しています。頭皮に最も皮脂腺があり、その次に多いのが顔なんです。その顔の中でも特に、Tゾーンの部分に集中しています。つまり、鼻周りがテカってしまうのは、そこに皮脂腺がたくさん分布しているから。Tゾーンのテカリはある程度は自然なことなのです。
そしてTゾーンの皮脂腺の活動はとても活発的!Tゾーンの皮脂分泌量は、ほかの顔部分よりも2倍も多いともいわれています。皮脂腺も多く、その皮脂腺から出る皮脂量も多いからこそ、Tゾーンのテカリが目立ってしまうんです。

『脂性肌の女性必見!顔のテカリの原因と解決策』の記事はこちら

乾燥肌も顔の皮脂を多くする原因に

インナードライの画像

乾燥肌も皮脂を多くする原因になりえるのです。それが今注目を集めているインナードライ。顔の皮脂が多いと、自分の肌質はオイリー肌なのかな?と思われるかもしれませんが、実は大半の女性の皮脂の原因はこのインナードライにあるのです。皮脂対策、オイリー肌対策をしっかりしているのにテカリがひどいという方は、このインナードライに陥っているかもしれません。
インナードライとは、名前の通り内側が乾燥している状態のお肌のこと。肌が乾燥しすぎているために、水分の蒸発を防ぐ目的で皮脂が過剰に分泌されてしまいます。目元、口元は乾燥するのにTゾーンのテカリがひどいという方もこのインナードライの状態です。
自分がインナードライだと気づいていないと、皮脂を取りすぎ、また肌は過剰に皮脂を出し…と悪循環が続きます。テカリをなくしたい気持ちが先走って、インナードライはなかなか自分では気づきにくいもの。次のコンテンツに書かれたような症状がある場合は今すぐ皮脂を取りすぎるスキンケアを見直しましょう!

顔の皮脂を多くするインナードライの特徴

地面の画像

顔の皮脂を多くするインナードライの特徴についてご説明いたします!

お肌の状態
お肌の状態についてはTゾーンはテカるのに目元、口元の乾燥が気になるというパターン。混合肌とも言われています。他にも肌の弾力がない、透明感がない、キメが粗い、毛穴が目立つなど。皮脂は多いはずなのに保湿をどれだけしてもまだ足りないような気がするのもインナードライの特徴です。

生活習慣
生活習慣によってもインナードライは引き起こされます。1日に2回以上洗顔料を使って洗顔している方は要注意。皮脂を取りすぎる洗顔料や、洗浄力の高いクレンジングも顔の皮脂を奪い、乾燥した肌にしてしまいます。洗顔後スキンケアまでの時間を開けると肌が突っ張ったような感じになるのもインナードライの特徴と言われています。常にエアコンに当たっている、ストレスを感じやすく、なかなか発散出来ていないのも実はインナードライの原因です。

洗顔や日常生活など、ちょっとしたことで陥りやすいインナードライ肌。このインナードライの肌質の方が皮脂を抑えるためには、肌の奥までしっかり保湿してあげることが大切です。テカリが治らない方は、一度しっかり保湿をするようにしてみてください。

皮脂を抑えるために大切なこと

タオルの画像

皮脂を抑えるために大切なことは、スキンケアを見直すこと。もしあなたが皮脂を抑えるために一生懸命スキンケアをしているのに一向に改善されないならば、そもそものスキンケアが間違っている可能性があります。
皮脂を抑えるためのスキンケアで最も重要なのは洗顔とクレンジング。化粧水やメイク用品などで皮脂を抑える努力をする前に、まずはこの2つに注目してみてください。皮脂が多くて困っている女性の中には、先ほどもお話ししたようなインナードライに陥っている方も多いのです。そんな状態で皮脂を取りすぎる洗顔をしたり、クレンジングで何度も顔の汚れや皮脂を落としていると皮脂にとっては逆効果。今までゴシゴシ皮脂を落としていた方にとっては洗顔やクレンジングを見直すのは勇気がいるかもしれません。ですが、1度騙されたつもりでこれからお話しする方法で洗顔とクレンジングを行ってみて下さい。
皮脂を抑えるためと言っても、やりすぎは禁物です。皮脂は必要なだけ出ているということを認識してみて。過剰に皮脂が出ているということは、過剰に皮脂や水分を取りすぎているということなのです!

『憧れは赤ちゃん肌♡美肌になるための10の方法♡』の記事はこちら

皮脂対策バッチリな洗顔

泡の画像

まずは、洗顔からご紹介します♡
皮脂を抑えるケアで重要なことは、皮脂を過剰に取り除き過ぎないこと!そのため、洗浄力の強い洗顔料は避けるようにしましょう。洗浄力が強すぎると、皮脂を余分に洗い流していしまいます。皮脂をごっそり取るなどの謳い文句が書かれているものは避けた方がいいでしょう。また、スクラブの洗顔料も使用しないでください。こちらも洗浄力が高く、またスクラブによって肌を傷付けてしまう可能性があります。洗顔をするときは、洗顔料を泡立ててから優しく洗ってあげましょう。泡立てやすく、もこもこの泡になってくれる洗顔料を使うといいですよ。洗った後は、しっかりと保湿することも忘れずに。せっかく洗顔しても、保湿をしなければ意味がありません。化粧水や保湿クリームなどで潤いを閉じ込めて、肌の乾燥を防ぎましょう♡
さらに、洗顔の回数も大切です。皮脂が気になって必要以上に洗顔してしまうと、さらに肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。多くても朝と夜の2回にまで抑えるようにしましょう。それ以上の洗顔は厳禁です!
キメの細かい泡で優しく、そして必要以上に洗わないことが、正しい洗顔への1歩です♡

水洗顔って?

蛇口の画像

水洗顔ってご存知ですか?お手軽だけど皮脂を落とし過ぎない、今注目されている洗顔方法です!
まず洗顔前に手をせっけんでしっかり洗い、20~30℃の水で顔をすすぎます。この時注意してほしいのが、絶対にごしごしと洗わないこと!水を肌につけるような感じで洗ってください。大体回数としては20~30回程すすぎます。もし汚れが気になるようでしたら、指の腹でなどで優しく撫でてあげましょう。洗顔が終わったら、タオルで水気をしっかりと拭き取ります。とにかく、洗顔で重要なのは擦ったり、力強く肌を扱わないことです。タオルで拭くときも、優しくすることを心がけましょう♡
水洗顔は基本的に朝に行う洗顔方法です。夜はほこりや皮脂、メイクなどのたくさんの汚れが顔に付着してしまっているので、水洗顔では汚れが落とせない可能性もあります。夜の洗顔は、洗顔料を使って皮脂や汚れを洗い流してあげましょう。
洗顔料を使わない水洗顔で、過剰な皮脂の分泌を防ぎましょう♡

皮脂を抑えるのに効果的なクレンジング

手の画像

クレンジングでも、皮脂を抑えるのに効果的な方法があります。みなさん洗顔ばかりを気にしていて、クレンジングに手を抜いてしまってませんか?余分な皮脂を抑えるためには、クレンジングも大切なんです!
クレンジングに含まれる界面活性剤は、メイク汚れを落とすのに必要不可欠なもの。ですが、必要以上に皮脂や水分も奪ってしまいます。オイルクレンジングやリキッドクレンジングは特に洗浄力が高いので、メイクがそこまで濃くない方はジェルやミルクタイプのクレンジングにシフトしてみてください。アイメイク、リップが落ちない!という方は、ポイントメイク落としを利用してみて。
目安としては、1分以内にクレンジングを終わらせるように心がけましょう。それ以上してしまうと、肌の角質を傷付けてしまいます。また、メイクをしていない日も顔の汚れや皮脂が気になってクレンジングをしている方がいますが、上記の通りクレンジングは肌の負担が大きいので、メイクをしていない日はクレンジングは控えましょう。
クレンジングは優しく、素早く!を心がけてください。落としやすいメイクをするのも、クレンジング時間の短縮や肌の負担軽減に大きく役立ちます。

『洗いすぎない「やさしいメイクオフ」』の記事はこちら

顔の皮脂を抑える方法をおさらい!

バスケットの画像

顔の皮脂を抑える洗顔、クレンジング方法のポイントをおさらいしましょう。
皮脂を抑えるためについついやりすぎてしまう洗顔は1日2回まで。皮脂を取りすぎる洗浄力の高いものより、マイルドな洗顔料をチョイスしましょう。そして、泡立てネットなどでしっかり泡立てることも忘れずに。キメ細かいもこもこの泡が、汚れをキャッチして洗い流してくれます。また、泡がクッションとなり肌を擦る負担も軽減してくれます。
更に肌に優しいのが水洗顔。朝、あまり顔の皮脂が気にならない場合は水だけで洗顔してみましょう。ですが、皮脂は水だけでは落としにくいので、あまりにも顔がベタつくという方は洗顔料を使用するのがおすすめです。
洗顔に次いで大切なのはクレンジング。汚れを落とすことに気を取られてゴシゴシ擦ったり、強すぎるものを使用するのは控えましょう。クレンジングにかける時間は1分以内!というのも、頭の隅にとどめておいてくださいね。

顔の皮脂を抑えるには、優しいケアが必要でした♡

女性の画像

顔の皮脂が過剰に出てしまう原因や皮脂を抑える方法、分かっていただけましたか?
自分の顔は皮脂が出やすいと思っていた方も、実はインナードライ肌かもしれません。テカリのひどい自分の肌が乾燥肌と紙一重だなんて驚きですよね!皮脂を抑えるために大切なのは保湿と、水分や皮脂を取りすぎないこと!今までしっかり洗顔とクレンジングを行っていた方は少し物足りないかもしれませんが、お肌にとってはこれくらいがちょうどいいというのを覚えておいてください。皮脂を抑えるのに効果的な洗顔、クレンジングを続けていれば、乾燥もテカリもない、程よくしっとりしたお肌になっていきますよ。今まで何度もメイクを直したり、皮脂を抑える化粧下地を使用していても改善されなかったという方に、少しでもお役に立てれば幸いです♡

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 BeautyNewsTOKYO, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket