2016/11/03 ( Thu )

【乾燥肌】潤い続くメイク方法とメイク直しの仕方

natsuki

カテゴリー:スキンケア

LINEで送る
Pocket

女性の画像

乾燥肌でも潤いが続くメイク方法とメイク直しの仕方、実践できていますか?
乾燥肌の最大の敵である冬が今年もやってきました。乾燥肌に悩める女の子たちにとって冬のメイクは戦いですよね。朝にメイクをした時はうるうるでも、夕方になったらガサガサになってしまって大変な思いをしている人は多いと思います。何をやってもダメ…と落ち込んでいるあなた!もう一度ゼロからメイク方法を見直してみませんか?今回はそんな乾燥肌さんのためのメイク方法とメイク直しの仕方を伝授します♪夜まで肌の潤いをキープしたい人は必見です♡

『冬でも潤い肌♡乾燥肌の対策は部分別が常識♡』の記事はこちら

乾燥肌は朝の洗顔から見直そう

蛇口の画像

乾燥肌にとって大切なのは、まず洗顔などの下準備をしっかりすること!どんなに潤いをキープしてくれる有能なコスメを使っても、そもそものお肌にキープする潤いがなければ夜にはガサガサになってしまいます。そのため、メイク前のスキンケアでお肌を整えることは、夜まで潤いを持続させるためにも、すごく重要なステップなんです!
乾燥肌さんの朝の洗顔はぬるま湯のみでするのが良いと言われていますが、実はそれ、間違いなんです。乾燥肌さんでも夜に分泌された皮脂が酸化しているので、酸化した皮脂を洗い流すためにも洗顔料でやさしく洗顔するのがお勧めです。酸化した皮脂は化粧くずれの原因になるので洗顔は毎朝行いましょう!鼻やおでこなど、皮脂が多い部分をメインにふわふわの泡で包み込むように洗ってください。肌への負担を軽くするためにも時間はなるべく短くすると◎。また、熱すぎるお湯で洗うと乾燥の原因になってしまうので、ぬるま湯で洗いましょう。
毎朝の洗顔は冬のうるうる肌へのファーストステップ。乾燥が気になる方は皮脂の分泌が多いTゾーンを中心に洗顔を。ぬるま湯で洗い流すことで、適度に顔の皮脂を落とすことが出来ます。

『乾燥肌が引き起こす様々なトラブル。その原因は?』の記事はこちら

丁寧な朝のスキンケアで乾燥肌を防ごう

女性の画像

洗顔後の丁寧なスキンケアは乾燥肌を防ぐ決め手です!洗顔後、なるべく早く保湿しましょう。基本は、化粧水→美容液→乳液→クリームの順番です。しかし、メーカーによっては美容液やクリームが一緒になっていたりするので、その場合はメーカーが推奨する手順を踏んでくださいね。
化粧水は肌に潤いを与える効果があります。コットンではなく手をつかって、手の平の体温で浸透させるようにプレスします。乳液は肌の潤いを閉じ込めるためのフタになります。乳液をしなければ潤いが逃げてしまうので、必ず乳液も化粧水と同じようにつけましょう。目元の乾燥などが気になる人は目元美容液を乳液の前に使えば、さらに乾燥知らずに!それでもまだ乾燥が気になる場合は、化粧水と乳液を2度塗りしてみましょう。
特別な日の朝のスペシャルケアなら、メイク前のフェイスパックがお勧め♡市販のパックでも、コットンに化粧水をたっぷり染みこませて顔に貼り付けるだけでもOK。
洗顔後はすぐにスキンケアを。化粧水や乳液などは、擦らず手で優しく浸透させて。目元美容液やシートパックを使えば、より乾燥しらずのうるうる肌に♡

『本当に人気のコスメはこれだ!おすすめコスメTOP5』の記事はこちら

乾燥肌のメイク下地の選び方

女性の画像

乾燥肌に悩んでいるカサカサ女子がどのような下地を選べばいいのかをご紹介します!
そもそも下地とはファンデーションの密着効果をあげたり、お肌の保護をしてくれたりするものなので、絶対につけることをお勧めします。乾燥肌さんが使うべき下地とは、ずばり保湿成分があるものです。保湿成分にくわえて美容液成分も配合されているとよりいいですね!なかにはUVカットができる下地も多いですが、UVカット効果が高すぎると、乾燥しやすくなってしまう場合がありますので注意しましょう。また、乾燥肌さんは顔が赤くなりやすかったり、くすみやすいのでコントロールカラーの下地もお勧めです。血色がなくて調子が悪そうに見える人はピンク系、赤くなってしまう人はブルー系、くすんでしまう人はパープル系のコントロールカラーを利用すると健康的に見えますよ!シミ、クマやニキビ跡を隠したい方はコンシーラーを使いましょう。コンシーラーも保湿成分が入っているかどうか確認をお忘れなく!
乾燥肌さんの化粧下地選びに大切なのは保湿成分や美容液成分がたっぷり入っているかどうか。自分の肌の色味に合わせて、コントロールカラーの下地を使いこなしてうるうる肌に近づきましょう♡

『乾燥肌対策!冬を乗り切るためのおすすめ商品♡』の記事はこちら

乾燥肌のための下地の使い方

女性の画像

ではさっそく、乾燥肌さんがどのように下地を使用すれば乾燥と戦えるのかを伝授!ベースメイクの基本中の基本をマスターしちゃいましょう。まずは、下地をおでこ、ほっぺ、鼻、あごの5点に乗せます。そして指を使って外側に伸ばしていきます。このとき、鼻筋と小鼻は下から上に伸ばすと綺麗に仕上がります。そして大事なのが下地の量です。量が多すぎるといつまでも馴染まず、顔が白浮きしてしまうので適量をこころがけましょう。適量とは下地を伸ばす際に、少し肌が引っ張られるぐらいです。指がすーっとスライドするぐらいは多すぎです。下地を伸ばしたあとに、気になる場所がまだあるならコンシーラーを使いましょう。よく目の下の乾燥が気になってコンシーラーを厚塗りをしてしまう人がいますが、逆にシワをくっきりと目立たせてしまうので、軽く塗ることを心がけましょう。仕上げに手のひらを使って優しく全体をプレス。スポンジを使って隅々まで馴染ませたら完了です!
乾燥するからといって下地をたっぷり使うのはNG。塗りすぎないように、使用量に気を付けてうすーく伸ばして馴染ませましょう。仕上げにハンドプレス、スポンジで馴染ませるひと手間を忘れずに!

乾燥肌のファンデーションの選び方

女性の画像

乾燥肌に悩む女子はどのようなファンデーションを使えばいいかご存じですか?ファンデーションと一言で言ってもたくさん種類があり、例えばパウダー、リキッド、クリーム、スティック、BBクリームなどがあります。乾燥肌の人は意識的にリキッドを使っている人も多いと思いますが、リキッドであることより、保湿成分が入っているかがより重要です!保湿成分が入っていればパウダーでも問題はありません。コラーゲン、セラミド、レシチンなどが含まれているファンデーションは保湿効果があるので、乾燥肌さんはファンデーションのタイプだけでなく裏面の成分もよくチェックしてみましょう。特におすすめなのは油性乳化型ファンデーションです!油性乳化型ファンデーションは分かりやすく言えば乳液やクリームに色素顔料を混ぜたもの。だから保湿もでき、伸びも良いんです。メイクしながら保湿もしたい乾燥肌さんにはピッタリのファンデーションといえます。
乾燥肌さんにとって大切なのはファンデーションのタイプより保湿成分が入っているかどうか。中でも保湿効果の高い油性乳化型ファンデーションを選んで、乾燥肌を防ぎましょう!

乾燥肌を防ぐファンデーションの使い方

女性の画像

ここからは乾燥肌さんにおすすめのファンデーションの使い方をご紹介します♡上手な使い方をマスターして、ガサガサお肌と決別しましょう!
まずは、化粧下地が肌に馴染むのを待ちます。忙しい朝には億劫かもしれませんが、少し待つことで化粧下地が肌に密着し、崩れにくく乾燥しにくい肌に仕上がりますよ。お勧めのファンデーションの使用方法は、おでこ、頬、鼻、あごにファンデーションのせ、外側に向かって清潔なスポンジやブラシで叩き込む方法です。このとき肌を擦らないように気を付けて下さいね。しっかりカバーしたいときはスポンジ、ナチュラルに仕上げたいときはブラシを使うのがおすすめです♡さらに、最後にフェイスパウダーをブラシでふわっと乗せれば、カサカサの乾燥肌でもツヤ、ハリのあるお肌に見せてくれますよ。
乾燥肌さんのファンデーションで大切なのはまず化粧下地が馴染むのを待つこと。それから、擦らず叩き込むようにファンデーションを広げていきましょう。手よりスポンジやブラシの方がムラなくきれいに仕上がります♡フェイスパウダーでツヤ感を出せば、乾燥肌も目立ちません♡

『肌の負担が気になる時にはオーガニックコスメ』の記事はこちら

潤いのある化粧品で乾燥肌対策

化粧品の画像

ベースメイク以外にも、普段使っているコスメを乾燥肌さん用に変えるだけで乾燥対策ができちゃいます♡
カサカサ唇には医薬品のリップクリームがマストアイテムです。唇が荒れにくくしっかり保湿してくれます。紫外線も乾燥の原因になるので、日中はUVカット効果があるものを使うのをお勧めします。唇は縦にスジがはいっているので、リップクリームを横ではなく縦に塗るとより保湿力がUP!
意外と乾燥している頬にはクリームチークでしっとりさせましょう。パウダータイプだとせっかくの潤いを吸い取ってしまう可能性があるので要注意です。クリームチークなら崩れにくく、自然な血色風になるのでナチュラルメイク派の人にもお勧めです。
乾燥で粉っぽくなってしまうまぶたにはクリームタイプのアイシャドウをオン!ベースのカラーだけでもOK。使い方がわからない人はクリームアイシャドウベースを塗ってからパウダータイプのアイシャドウを使うだけでも全然違いますよ!
乾燥肌さんがそろえるべきコスメはベースメイクだけではありません。唇、頬、まぶた、お顔すべてのパーツに発色の良さも、潤いも手に入れちゃいましょう!

乾燥肌のメイク直しには乳液をプラス

女性の画像

乾燥肌でも正しい化粧直し方法で、まるで乾燥肌ではなかったようにメイクをお直ししちゃいましょう!外出先で鏡をのぞき込んでみると、肌がガサガサになっていたり、シワがくっきりと浮きあがっていた経験はありませんか?隠そうとして上からファンデーションを重ね塗りしてしまうと余計にシワシワになってしまうので厳禁です。いつものメイク直しに1ステップ追加してあげましょう♡それが、乳液なんです!まず、気になる部分に少量の乳液を塗ります。乳液を塗るとメイクが落ちてしまうので、気になる部分以外に付かないように綿棒で塗るのがおすすめです♪その後、ティッシュで軽く拭き取って、その上からブラシでパウダーをさっと乗せればメイク直しは完了です♡ついでに顔全体も直してしまおうと思うかもしれませんが、無駄にたくさんパウダーを乗せると余計汚い印象になってしまいます。本当に気になる部分だけ直すようにしましょう。
乾燥肌さんのメイク直しには乳液をプラスしてみてください。気になる箇所に乳液を塗って、パウダーをさっとはたくだけで簡単に化粧直しができます!旅行用の小瓶などに乳液を詰めて、ポーチに入れておきましょう♪

メイク直しは乾燥肌にとって保湿のタイミング

コスメの画像

メイク直しをするついでに、お顔全体の保湿を同時にしてしまいましょう♡方法はいたって簡単。まずはティッシュで余分な皮脂をオフします。このときにあぶらとり紙を使うのはNG。肌の潤いを守っている油分まで取りすぎてしまいます。オフをしたらミスト状の化粧水をシュッと吹きかけます。このときメイクの上からでOK!ミストの粒子はすごく小さいので、メイクを崩しません。これなら安心して手軽に化粧直しができます。化粧水ミストをしたら、すぐにパッティングしてティッシュでもう一度オフ。化粧水が蒸発するときに、お肌の水分も一緒に蒸発させてしまうので、すぐに行動に移すのがポイントです。また、アルコールが入っている化粧水ミストだと蒸発しやすいのでお勧めしません。日中用と書いてある商品でも、アルコールが入っているかのチェックを忘れないようにしましょう。最後に気になるところを直して、保湿完了です!
メイク直しは乾燥肌さんにとって保湿が出来るベストタイミングでもあります!乳液での細かいケアができなくても、ミストをシュッとすれば簡単にお顔全体の保湿が完了しますよ。ぜひトライしてみてください♡

『もうメイク崩れに悩まない♡顔の皮脂を抑える方法』の記事はこちら

乾燥肌用のメイクで潤い肌をキープ♡

女性の画像

すぐにでも始められる乾燥肌さん用のメイク方法と化粧直しの仕方をご紹介しました♡カサカサ女子ならメイクだけではなく、その前のスキンケアから見直さないといけないことを知っていただけましたか?乾燥肌さんにとっては潤いを与えるところからがメイクのスタート地点です!メイク直しは気になるところだけお直ししましょう。そのとき、ついでの全体的な保湿もお忘れなく。
冬は普段乾燥しない人でもカサカサになってしまう季節。正しいメイク方法と化粧直しの仕方でハリ・ツヤ共にそろった、うるつや肌で冬を楽しく過ごしましょう♡

『乾燥の季節到来。いち早く乾燥肌対策をご紹介!』の記事はこちら

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 BeautyNewsTOKYO, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket