2016/07/11 ( Mon )

美肌のキーワードは正しいクレンジング。

奈美

カテゴリー:スキンケア

LINEで送る
Pocket

美肌の画像
みんなの憧れる美肌の鍵が「正しいクレンジング」って知っていましたか?♡

化粧水や乳液などのスキンケアが肌に合っているのに、美肌になれない…
どうして、あのコの素肌はきれいなんだろう…

と疑問に思ったことありませんか?
それはアナタの間違ったクレンジングが原因かもしれません。
化粧水・乳液といったスキンケアは大切です。
でも、同じぐらい汚れを落とし素肌をきれいな状態してくれるクレンジングも大切なんです♡

忙しいからとクレンジングを雑にして、すすぎを軽くしかしていない…
そんな経験はありませんか?それでは、美肌にはなれません!

小雪さんや、綾瀬はるかさんのような美肌になるためにも
一度クレンジングについてお勉強しましょう♪

クレンジングの必要性

メイク美人の画像
クレンジングはなぜする必要があるのでしょうか。

『メイクをした日はクレンジングをする』当たり前のことですが、
その理由を知らない方もいると思いますので、クレンジングについて説明します♡
クレンジングには大きく分けて2つの役割があります。

頑固なメイク汚れを落とす

毎日使う下地クリームやファンデーションなどのコスメには油性基剤が使われていて、肌にしっかり密着するようになっています。洗顔では毛穴に入り込んだ汚れを落とすことが出来ないのでクレンジングが必要となります。頑固な汚れを落とすことで、その後の化粧水や乳液も浸透しやすくなるんですよ!

肌を清潔な状態にする

朝のメイクをそのまま放置すると、肌に付着しているコスメの成分が汗や皮脂と混合し、雑菌だらけの肌になります。不潔な肌は肌荒れし放題で、ニキビなどの原因にもなります。清潔な肌状態にすることで、肌トラブルを未然に防ぐことができるんです。
女性に欠かすことのできないメイクがあるからこそ、お肌をケアするクレンジングが必要になるんですね!なんとなくやっていたクレンジングも正しい方法でしっかりスキンケアしてあげましょう♡

正しいクレンジング方法を身に着けよう

img

クレンジングが大切なことがわかったところで、次は正しいクレンジング方法を身につけましょう。

横浜にある野村皮膚科医院のアンケート結果によると、クレンジングや洗顔時に肌を強くこすぎる人が多いみたいなんです。メイクをしっかり落とすことは大切なんですが、肌に負担がかかると乾燥やごわつき、赤みの原因になるので要注意。でも、だからと言って優しくメイクオフしてメイクを肌に残したままにするのはタブーです。メイクが残っていると肌の油分が増え、肌荒れ、炎症、くすみが出てきてしまいます。

間違ったメイクオフを続けていると、肌の機能はどんどん低下し、バリアが弱まった状態になります。クレンジングにおいて一番重要なのは時間をかけすぎないことと、強く擦らないこと!肌に負担をかけすぎず、しっかりメイク汚れを落とすためにも、正しいクレンジング方法を身につけましょう♪

野村皮膚科医院が、アトピー、かぶれ、ニキビなどの頑固な肌トラブルを持つ患者58人に対してスキンケアの様子を観察、調査したところ、約8割の患者はクレンジング・洗顔時に力の入った手で皮膚を強く洗ったり、こすりすぎたりしていた。口頭で注意しても、自分のクレンジングや洗顔には問題はないと考えており、改善しにくいのが特徴。残り2割の人は、化粧水のつけ方などに問題があったという。

クレンジングの使い方

美しい花の画像
美肌になるためにクレンジングの使い方から復習しましょう♡

使い方のポイントは3つあります!

①クレンジング剤はたっぷり使う
②お顔につける前に、手のひらでクレンジング剤を温める
③アイメイクは専用のクレンジング剤を。

クレンジング剤はたっぷり使うことが大切です!500円玉くらいの量を手のひらに出し、少し体温で温めてあげてください。肌に乗せてくるくるとしているうちにも温まるのですが、あらかじめ手のひらで温めておけば、肌にクレンジングを乗せている時間が短くなり負担が減るんです♡
また高いクレンジングだからと言ってケチケチ使っていると、摩擦の力が大きくなって余計に肌を傷つけることになるので量にも注意してくださいね。
なお、クレンジング剤は部分に応じて変えると、肌への負担が減ります!
アイメイクなど力を入れないと落ちない場合は、無理矢理ゴシゴシ洗わず、アイメイク用のクレンジングを使ってみましょう♡

クレンジングの順番

横顔美人の画像
つぎはクレンジングの順番を伝授します!すっかり自分流のやり方が染みついているかもしれませんが、もう一度おさらいしてみましょう♡

①アイメイク・口元
クレンジングで落としにくい、アイメイクや口紅は専用のクレンジング剤で先にオフしてしまいましょう。

②Tゾーン
クレンジングを手にとって温めたら、まずは皮脂が多いおでこや鼻のTゾーンに乗せます。肌が丈夫ですので、他より少し長くクレンジング剤に触れていても大丈夫。髪の生え際や小鼻も忘れずにね。

③Uゾーン
次にUゾーンのメイクを落としていきます。あごから耳の付け根までをイメージして、くるくると指を動かしてください。あごと唇の間やフェイスラインもついわすれがちなので、充分注意してくださいね。

④すすぐ
クレンジングが全体に馴染んだら、すぐに洗い流しましょう。マッサージなどをして長時間クレンジングが顔に乗っている状態だと、肌への負担は増すばかりですよ!クレンジングを落とすときはぬるま湯で。こすらず、お湯を顔全体にかけるイメージで行いましょう。あまり何度もバシャバシャしていると、乾燥も進んでしまうので注意を。

クレンジングのタイミング

パイナップル入浴中の画像
正しいクレンジング方法を実践するうえで、次に大切になるのがクレンジングのタイミング。

帰宅したら、いつもどんなタイミングでクレンジングをしていますか?
帰宅後すぐにメイクオフする方や、お風呂前にちゃちゃっと落とす方など人それぞれですよね。

実はマイナビのアンケート結果によると、最も多いクレンジングタイミングが「入浴中」なんです。しかもその割合がなんと54%と過半数超え。お風呂場ですべてをキレイにしたい方が多いみたいですね。
そして次に多い回答が24%の「入浴前」。濡れた手で使えないクレンジング剤を使っている方は、入浴前にメイクオフする習慣があるようです。どちらのタイミングも、ポイントを押さえながらクレンジングすることで、美肌につなげることができます。自分のタイミングに合ったポイントをちゃんと覚えておくといいですよ♪

Q.あなたは、メイクをした状態で家に帰ってきたとき、どのタイミングでメイクを落としますか?
1位/「入浴中」……54.0%
2位/「入浴前」……24.0%
3位/「帰ってすぐ」……19.5%
4位/「寝る前」……2.5%
※単一回答式。

お風呂に入りながらクレンジングしたい方

バスセットの画像
お風呂に入りながらクレンジングをしたいという方に知ってほしいポイントが3つあります。

1.肌が温まっていない状態でクレンジングをしても、毛穴の汚れは落ちません。
2.クレンジング、洗顔を済ませてからもう一度湯船に浸かっていると、どんどん顔の水分は蒸発します。
3.お湯の温度が高すぎると、肌に必要な油分までも奪ってしまいます。

これらのことを考えると、肌が充分温まり、水分の蒸発を防げるのは入浴中の最後になります!今まで、お風呂に入ってすぐクレンジングしていた方は、お風呂から出る直前にクレンジングをするようにしましょう。そうすることで、肌に残ったシャンプーやトリートメントもしっかり落とすことも出来ますよ♪

また、洗い流す際の温度は人肌よりも低いくらいの温度がちょうどいいとされています。皮脂が肌から出る温度は約30度のため、これより少し高めの32度くらいのお湯で顔を洗うことによって、自然に出てきた顔の油分を落とすことが出来ます。なお、シャワーを顔に当てるのも気持ちよくてついやってしまいますが、肌には刺激が強すぎるので控えましょう。

帰ったらすぐにクレンジングしたい方

海眺める女性の画像
帰ったらすぐにクレンジングしたい方に最も注意してほしいのが『乾燥』です。

入浴前にクレンジングをすると、素早くメイクオフをすることができ、肌へのダメージが軽減されるメリットがあります。ただし、クレンジング後の肌は乾燥しやすい状態になっていますので、そのまま入浴してしまうと、必要な水分や油分を吸収されやすく乾燥肌になりやすくなってしまうんです。スキンケアをしっかりしていてもそのタイミングを間違うだけで、肌トラブルの原因にもなりかねません。少し面倒かもしれませんが、一度きちんと保湿ケアをしてから湯船に浸かるようにしましょう。美容オイルを少し塗っておくだけでも大丈夫です♡
なお、元々乾燥肌の方は少しでも乾燥を防ぐために入浴中のクレンジングに変えるというのもおすすめですよ♪

美肌になるためには+αで洗顔も

石鹸の画像
美肌になるためには洗顔も大切です♡

クレンジングはメイク汚れや、毛穴の角栓や黒ずみを落とす役割があり、洗顔には肌に不要な角層や余分な汗、ほこりを洗い流す役割があります。だから、肌に付着している汚れをきっちり落とすためにはクレンジングと洗顔のダブル洗顔が必要になるんです♪

ただ、クレンジング後のダブル洗顔をするべきかは人の肌質によります。
ダブル洗顔をすると、肌の水分や油分がたくさん奪われてしまうため、敏感肌や乾燥肌には向きません。また、季節によって乾燥しやすい方もダブル洗顔を避けた方がいいですよ。
その場合、洗顔は日焼け止めしか塗っていないようなメイクを休んでいる時や朝起きたときにするだけでもOK。

ただ、洗顔もクレンジング同様その方法には気をつけてくださいね♪

美肌のための洗顔方法

朝起きの画像
洗顔方法にも美肌になるためのポイントがあります♡
キチンと順番に洗顔し、化粧水や乳液が浸透しやすい状態にしましょう!

①ぬるま湯で素洗い
洗顔料をつける前に、まずは3回くらいぬるま湯で洗顔してください。

②泡を立てる
肌への摩擦を減らすためには、もちもちの泡で洗顔することが大切です!洗顔料を洗顔ネットなどでしっかり泡立ててくださいね!

③Tゾーン⇒Uゾーン⇒その他の順番で洗顔
まず洗顔する部分は「Tゾーン」。Tゾーンに汚れを吸い取るように優しく泡を置き、優しく円を描くように撫でてください。次の「Uゾーン」も同様に強く擦らず、泡をつぶさないようなイメージで。最後は肌の弱い目元や口元へ移ってください。

⑤最後にお湯で洗い流します
32度くらいのお湯で洗い流します。肌に洗顔が残っているのはダメですが、すすぎすぎや泡を気にするあまり擦りすぎたりするのも厳禁です。すすぎ終わったら、清潔なタオルで水分を吸い取るように優しく抑えます。

基本は化粧水と美容液

夕日美人の画像
クレンジング後のお肌をケアしてあげることはとっても大切です。皆さんのスキンケアはちゃんとできていますか?
基礎化粧品によるスキンケアにもクレンジング同様順番があります。一度おさらいしておきましょう♪

STEP1 化粧水
まず洗顔後肌につけるのが化粧水です。
化粧水は肌に水分を与え保湿してくれる効果あり、乾燥を招く前に化粧水をすぐしみこませることで、潤いのある肌へと繋げることができます♡
化粧水の付け方はコットンと手のひらの2種類。どちらの方法でもかまいませんが、脂性肌の方はコットンでの化粧水が効果的です。強く擦らず、肌に染み込ませるようにしてくださいね。強く肌に押し付けると、コットンの繊維が肌を傷つけることにもなります。

STEP2 美容液
特別なスキンケアとなるのが美容液。20代後半を過ぎると、加齢による肌トラブル変化がでてきます。例えば、シミやシワ、くすみなど。
そんな時に使えるのが美容液です。それぞれの悩み肌をピンポイントに修復するためのスキンケアアイテムですので、化粧水だけじゃ物足りない方は、自分のなりたい肌に合わせて美容液を使うといいですよ♪

乳液とクリームでしっかり保湿

牛の画像
化粧水と美容液の後は、乳液とクリームで保湿カバーしちゃいましょう♪

STEP3 乳液
乳液には油分が多く含まれており、化粧水、美容液の上からフタをする役割を果たしてくれます。
20代から30代前半のうちは、寝ている間に自然と肌から油分が出てきますので、よっぽどの乾燥肌でもないかぎり乳液はなくても構いません。使いすぎるとニキビや肌荒れの原因にもなりますので、どうしても使用したい場合はさっぱりタイプを選びましょう。

STEP4 保湿クリーム
更に美肌のためのスキンケアを徹底したいという方は、最後に保湿クリームを。乾燥肌、敏感肌の方にはぴったりですので、今までのスキンケアで物足りないと感じているかたはぜひチェックしてみましょう。さらに、保湿クリームは肌の水分蒸発を防ぐだけでなく、栄養を与えてくれます。使い心地もらさっとした心地いいものが多いですよ。
保湿クリームを使う方は肌が弱い方が多いかと思いますので、事前にサンプルやトライアルセットで試せるブランドを選びましょう。

毎日の正しいクレンジングで、美肌ゲット

美肌少女の画像
毎日の正しいクレンジングで美肌をゲット。

正しいクレンジング方法から洗顔、保湿などスキンケアについてまでお話させていただきました。
あなたのスキンケアは合っていましたか?
今夜から、自分にぴったりのクレンジングでメイクを落とし、正しいスキンケアで美肌に生まれ変わっちゃいましょう♪

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 BeautyNewsTOKYO, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket